シームレスダウンをクリーニングに出しました!

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

シームレスダウンをクリーニングに出しました!

クリーニング業界で今、戦々恐々と話題になっているのは「シームレスダウン」なぜかは昨年このブログで書かせて頂きました!
まだの方はこちらからご覧下さい。
▷▷▷シームレスダウンとアパレル革命

シームレスダウンのシーム(縫い目)の部分がとれたら羽毛は下に落ち、ダンゴ状態になりとても着られない。
そのシーム(縫い目)がウレタン系の樹脂で接着されているだけ(縫われていない)なので約3年で劣化する!と、そして
従来ではありえない製造年がタグに記載されているのがユニクロのシームレスダウンです。
他にもいろいろなメーカーからこの製品は作られていますが製造年、耐用年数を記載したのはユニクロ様が初めてです。凄く良心的ですね!
だから「アパレル革命」として書かせて頂きました。
この話を書き出すとまた長くなってしまうので詳しくは以前のブログをご覧下さい。
私のシームレスダウンは2016年製造、現在2018年ですからちょうど3年目になります。
クリーニング業界では警戒の案内が業界紙などでたくさんでています。ですから警戒態勢がとられていると思います。

さて私は普通にクリーニングに出してみました。
すると全くきれいになっていない、本当に洗ってくれたのだろうか?汗の臭いも汚れもほとんど落ちていない!
「すみませ~ん。あまりきれいになっていません。
もう一度洗ってもらえますか?」
と、再洗いをお願いしました。

再洗いから返ってきたら臭い、汚れもだいぶきれいになってきたのですが!なぜか違和感が
(?_?;
「まさか!シームがはがれた?(||゜Д゜)」

焦ってよく見ました。するとダウンが固まっていたり、偏っていたり、ペチャンコになっていたり。
私はタンブラー乾燥しなかったな!
と、すぐに思いました。

解説します。
クリーニング店は洗濯表示どおりドライクリーニングしなかった。
水で手洗いはオッケーだったけど3年目だったからふいてくれたのかな?
私がムリにしっかり洗って下さい!と、言ったから
思い切ってドライクリーニングをしてくれた。
しかしタンブラー乾燥まではこわくてできなかったと、いうことだと思います。(違っていたら教えて下さい(^^;)

私はここのクリーニング工場の工場長も知っているし、ちろん事情もよくわかるからクレームなど言いません。

しかし、一消費者にはかなりしっかりした説明をしなければ納得して頂けないだろうと思いました。

ちなみにダウンが偏ったところは手でよく揉みほぐし、日光浴を半日くらいさせてパンパン叩いてまたダウンを膨らませもとに戻しました。
ここまでされた方がよいのではとも思いましたが
この作業中にシームが剥がれる恐れもあるかな?と、思いました。
今年は無事にクリーニングできてまた来年度も愛着できますが、しかし来年度そして再来年度は?((((;゜Д゜))))
クリーニング屋さんはどれほどリスキーか!
そしてしっかりとした説明ができなければこんな事になるかも?

受付さん「シームレスダウンのシームのとこが 
  はがれる恐れがありますがよろしいですか?」

お客様「よいわけないじゃん!」

受付さん「ではお受けできません!」

お客様「なにー!それでもプロかーo(`ω´*)o」

なんて事にならなければよいのですが。

シームレスダウン、洗ってもらえなくなるなんて・・
はがれて着られなくなるなんて・・・・

はがれてきたらシームありダウンにリフォーム!
凄く大変、面倒な作業になります。
やりたくないよ~(≧◇≦)

愛おしいこのシームレスダウンが短命だなんて(T^T)

やはり寿命の短い▷▷▷ボンディング加工製品に異議あり!です。

シームレスダウン、ドライクリーニングしてもらいました!

業界紙一面記事にシームレスダウンが!、



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム