【買ってはいけないファッションハイブランド、ベスト10】

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

【買ってはいけないファッションハイブランド、ベスト10】

【買ってはいけないファッションハイブランド、ベスト10】

私は長年、毎日、ハイブランドの服やカバン、クツのトラブルを見ています。

裏地を解いて中まで見てますからその商品の作りや素材、そしてどのような意図でこの商品を作られたかもわかります。

表側は美しくても中は凄い事になっているものも少なからずあります。

さらにどおしてここにこんな素材を使うのか?力がかかるところにこの造りはないな!と、思う事が多々あります。

もちろんコスト削減のため!

そして長持ちさせないため!

メンテナンスしにくくしている!

この3点の意図的な製造の頻度で愛用期間が短くなってしまう商品を作られているブランド、ベスト10がわかります。

では10位から~

 

の前にファッションの意味を考えてみます。

ファッションは貴族文化からきています。

「ファッション=流行=はかないもの」

と、いうことは長く続くものはファッションではないということです。

と、いうことは長持ちさせる必要がないということだと思います。

長持ちさせるためのコストをデザイン性の向上やブランディングのためのコストにかける!と、いうのがハイブランドの使命、意向かも知れません。

と、したら非難すべき事ではないと思います。

▷▷▷ファッションエコロジー品質三原則

が、浸透しないのはハイブランドメーカーとの意向にそぐわないのかも知れません。

でもそろそろハイブランドメーカー様も世界基準になっているエコロジーを意識して作られた方が支持を得られるかも知れません。そんなハイブランドも出てきて脚光を浴びていますから!

結論!長持ちさせたいという方はしっかり素材や造りを見て、わからなければネットで調べるなり、ショップオーナーに「この商品は長持ちしますか?メンテナンス性はよいのですか?」と、聞いたらよいと思います。(驚くほどわかりにくくなっていますから)(笑)

そうでない方はブランド、デザイン性、見た目で買われたらよいと思います。

ではベスト10!!

と、いうことで書いたら野暮ですよね~(^_-)

メーカー様あってのメンテナンス業ですからm(_ _)m

ファッションライフをより長く楽しみたい方はファッショントータルメンテナンスサービスをご利用下さい(^_^)/

 

ハイブランドのジャケットのほつれの原因は?

裏の縫い代が少なすぎ、またロックもされていないからこうなります!

 

 

 

 



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム