靴鞄のメンテナンス講習会(パート0)

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

靴鞄のメンテナンス講習会(パート0)

「靴鞄のメンテナンス講習会を10年以上前から行っています!」

しかし業界になかなかこのメニュー化を普及させることができませんでした。
ちなみに我が社ではこのメニューが売上の2割近くを占めるようになってきました。
はっきりいってもの凄い需要があります。

しかし商社様が開催して下さる講習会にもかなりやる気のあるチャレンジャーの業者さんしか集まりません。

✓ファッションアイテムで一番汚れているものはなんですか?間違いなく「靴」です。

✓ファッションアイテムで最もモチベーション(高価で大切にしている)が高いものはなんですか?
間違いなく「鞄」です。

なのに洗いのプロ、クリーニング業界が自店で行わないのはなぜでしょうか?
実は理由があります。

衣類には必ず取り扱い表示のタグがついています。
法律で義務付けられています。
衣類は家庭で洗えるものも多いですが困難なもの、リスクの高いものはプロに依頼すれば圧倒的にきれいになり整形もしてくれる。歴然とした差があるのです。
その為の勉強をして技術や設備をもっているからです。
その指針になっているのが「取り扱い表示」なのです。
衣類には100%ついているこの「取り扱い表示」のタグが靴、鞄にはついていない。
何でできているかも、どのようにメンテナンスしてよいかもわからない!
なぜ義務付けられていないか本当に不思議です。

メーカーはメンテナンスに対する指導も保証もしていない!すなわちハイリスクな商品なのです。

だから洗いのプロのクリーニング業界もこのメニュー化には積極的ではありません。
内部事情を公開すると9割以上アウトソーシングです。ではアウトソーシングでうまくいっているならもっと靴鞄を洗う習慣が消費者に浸透しているはずです。
私はここに大きな疑問をずっと感じていました。

そして気づきました。靴鞄は丸洗いしなくてもメンテナンス(発泡洗浄、油分投入、補色、艶出し、消臭)でリーズナブルにきれいにするメニューがなかったからだと! 

靴鞄の丸洗いは本当に恐ろしいリスクがあります。(次回書かせて頂きます)
しかしメンテナンスにはリスクはほとんどありません。しかし専門的な知識、技術はネットで検索してもありません(ありますけど、メニュー化するまでに至る技術はありません。)
たくさんの専門資材を使うので家庭で同じクオリティを出すことは不可能です。
お客様からの依頼品の半数はこのメンテナンスコースで対応できます。
しかもリーズナブルな価格で!

スーツがきれいになっても足元が汚れたり、色はげ、キズや艶がなかったりしたらだいなしです。

高価な鞄、大切なお気に入りの鞄を誰もが持っていると思います。それをきれいにしてほしいと多くの人が思っているはずです。
メンテナンスコースで大半に対応できるのです。

私の10年間の過ちはこの重要なメンテナンスとハイリスクな丸洗いを一日の講習会で行っていたことです。
2年前にやっと気づきました!
メンテナンスを極めることがトータルファッションメンテナンスの土台作りなんだと。

靴鞄をきれいにしていつまでも大切にしたいというニーズにお応えできるのはクリーニング業界です。

だから本音は全てのクリーニング屋さんにこの靴鞄パート0の講習会に参加してもらいたいと思っています。それが難しいのはわかっています。
でも2割位のクリーニング業者さんがこれをメニュー化してくれたら必ず靴鞄をメンテナンスして大切に愛用する習慣、文化ができると思います。

それを目指してこれからもがんばります

次回はなぜ靴鞄のクリーニング(丸洗い)がハイリスク(危険)なのかを書かせて頂きます。

業者さん向けのようですが消費者様にもわかってもらいたい内容です。

マニアックな内容になるかも知れませんがお楽しみ(^_-)

講習会にはたくさんの靴鞄が集まります!
需要がたくさんある証拠です!

こんな販促をオススメしています!

リサイクルライフを支える技術の普及のため講習会活動をしています!



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム