衣類の耐用年数、寿命は?

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

衣類の耐用年数、寿命は?

‎「衣類の耐久年数、着用年数は?」

食品には賞味期限があります。

その明記がなかったら、怖くて買えませんよね(笑)

では家は、車は、家具は、明記はなくでも「このタンスは50年以上はもちますよ~」なんて言って販売もされていると思います。

耐用年数は購入を決める重要なポイントだからでしょう。

では衣類は?

もちろん、使用頻度、保存状態、着用時の作業内容などで大きくかわると思います。

このような理由から文献では服の耐久年数、寿命は明記がありません。

しかし寿命に大きく関わる要因があります!それは………

「その服に使われている素材の寿命」

です。

実は、素材の寿命は分かります。

だからその服の寿命も分かるはずです。

先ずは普通の着用、縫製方法、保管条件を以下に決めます。

  1. (使用)週に1~2回、ハードワークでなく普通の着用。
  2. (保管)屋内で蛍光灯の下でなく、湿気の多いところでもない、普通の保管条件。
  3. (縫製)手抜きではないしっかりとした縫製方法。

ではアイテム別に一例です。

・スーツ(ウール)

・シャツ(綿)

・シャツ(ポリエステル)

・ブラウス(シルク)

・ジャケット(本革)

・ジャケット(合成皮革)

・ダウンジャケット(ナイロン)

・セーター(ウール)

他にも多くの衣類や素材があります。

ファッションアイテム毎には寿命は関係ありません。

素材毎に寿命が決まるのです。

ほとんどの素材は10年以上、いや使用、環境がよければ30年以上は保つでしょう。

ところが上記の中で一つだけ寿命が極端に短いものがあります。それは……

 

《合成皮革、または伸縮繊維で使用されているポリウレタン(PU)です!》

この素材は製造から3~5年で劣化がはじまります!

例えばレザージャケット、本革ならメンテナンスさえ怠らなければ通常は30年以上保ちます。

しかし合成皮革(最近ではネオレザー、エコレザーなどと名称)はどんな手入れをしても10年以上は保たないでしょう。

素材がベトベト、溶けてきたり、ボロボロと崩れてきたりして着用、使用できなくなります。

さらに加えると綿の丈夫なコートはやはり30年以上保ちます。

しかし衿や袖などに一部合成皮革(ポリウレタン)が使用されているとそのコートは10年以上は保たなくなります。

そのコートの「着用年数は5年位」と明記する事ができます。

さらに!(これが盲点)

ポリウレタン樹脂(接着剤)も短命です!

ナイロンのダウンジャケットは30年以上保ちます。しかし、同じナイロン製なのにシームレスダウンは3~5年しか保たなくなります。ポリウレタン樹脂が縫製の代わりに使われているからです。

ほとんどの物の価値に耐久年数が加味されています。

しかし、今まで衣類はそれがわからないものとしてほとんど加味されていなかったと思います。

実はこの素材の耐久年数を知ることで衣類の寿命がが分かるのです。

最近では良心的にケアラベルに明記されるアパレル企業も出てきました。

ちょっと小さすぎて見落として、見ないで購入されている方も多いと思います。

後で気づいてがっかりされる事のないように、重要な事なのでしっかりお伝えされた方が尚、親切だと思います。

最近ではこのポリウレタン、ポリウレタン樹脂を使用した衣類がどんどん増えています。

寿命が短い➡消費サイクルが短い➡ゴミの山が増える

ことになりエコ社会に真逆の衣文化ができつつあります。

せっかくお金を出して購入する服、

誰だってできるだけ長く愛着したいと思われているでしょう。

たがら購入する時、店員さんに聞いて下さい。ネットなら問い合わせして下さい。

「この服は何年、着用できますか?」

答えられない人の方がまだまだ多いと思いますがメーカーなら分かっているはず!問い合わてもらいましょう。

しかしこの素材の寿命がわかれば自分でも判断できるはずです。

通常はケアラベルに素材が明記されていますからこのポリウレタンが入っているか分かります。

しかし!

▷▷▷シームレス

▷▷▷ボンディング製品

(縫製の代わりにポリウレタン樹脂で接着している製品)はこの明記がありません。ここが最大の盲点だと思います。

だからこれも購入する時、

お聞きしましょう!

「これはシームレスですか?ボンディング製品ですか?」

気に入って、お金を出して購入する衣類ですよね!

その服の寿命を知って買いましょう!

短命のものを気に入ったら?

とにかく、たくさんそれを着てもとをとりましょう!(笑)

お得で賢く豊かな衣生活のためにこの度の情報は大切だと思います。

お忘れなく!

お友達にも教えてあげて下さいね!

表は丈夫な革なのに中の合成皮革はベトベトで使えなくなってしまった鞄

 

 

 

 



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム