家にクーラーありますか?

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

家にクーラーありますか?

「エアコンついてますか?」

私の子供の頃はクーラーがついている家なんてほとんどなかった。
ではつい80年前はどこの会社にも、もちろん家にも
1台もついていなかった!

なのに普通に過ごせていました。
「夕涼み」なんて言葉、あまり聞かなくなりましたが
私の子供の頃は昼間は暑くても夕方にはほどよく夕涼みできていたように覚えています。

現在、連日のように38度なんて体温を超えるような暑さの続く名古屋市ですが、私は専門学生の時、
名古屋の中区(名古屋駅近くのオフィス街の中のオンボロアパート)に住んでいました。
クーラーは?
なんと!なかった。
けれど夏、扇風機で普通に過ごしていました。
たった25年くらい前の話です。

現在、エアコンのないアパートなんて入居する人はいないかも(^^;)
もちろん現在でもエアコンなしでおられる方、被災でエアコン環境を失ってしまった方々には申し訳ない気持ちになります。
特に体温調節機能の衰えた年配の方々、病気の方々にはなんとかエアコン環境を!祈りたいです。

今年は「災害レベルの猛暑」ですが来年からは気温は下がってくるのでしょうか?

振りかえるとテレビでも学校でも気象の専門家さえこの状況を予測し、実際にリスク回避の啓蒙はされてこなかったと思います。もちろん政治も全く改善策は行わなかった。

なぜ? 
 地球環境の変化だけならここまで一気に温暖化は進まなかったのかも知れない。
気象の専門家は予測できなかったのは
人類の急激な生活環境の変化があったからではないでしょうか?
以前にも書きましたが▷▷▷災害と気象変動
人類の大量生産廃棄経済、経済優先活動がかなり影響を与えたのは間違いないと思います。

またエアコンで涼しくする事は室外機で温風を作る事にもなります。
オフィス街のビルでデパートでエアコンないところなんてあるはずなし、もの凄い数のエアコンが同じ数だけ温風を発生していると思うとゾッとしませんか?

先日、全国の小学校までエアコンを完備させていくなんてニュースもありましたがあれだけの建物に各部屋に大きなエアコンを取り付ける、全国の学校でそのようになれば想像を絶する温風が発生してしまうでしょう。
しかし昔の学校にはエアコンなかったわけだし、
「あまやかしすぎ!」
なんていえない地球環境になってしまいました。
命最優先と考えてのことだと思います。
副作用のない特効薬なんてない!としたらエアコンで一気に空気を冷やす、副作用は温暖化を加速させる事につながってしまうかも知れない。

これってよく考えると「いたちごっこ」ではないでしょうか?
そして全く改善策が講じられていない。
地球温暖化に歯止めはかからない。

温暖化ではない派の人達に詳しい根拠とこの猛暑の理由、できたら改善策を伺いたいです。
前向きな情報として発信して頂きたいと思います。
それがあれば希望を持てます。

先日テレビで気象予報士が
「これからこのペースで気温が上がっていったら50年後はもう1、2度上がるかも知れない。そしたら人類はかなり危険な状態になる」
なんて言っていましたがこれは経済優先活動、自国、自分ファーストが加速し、エアコンが爆発的に普及する事も計算上に入れて発言なのでしょうか??

先日名古屋は40度を超えた猛暑と報道されていました。私がいた25年前は37度を超えた猛暑!と言われていたのを思いだし、これは大変だと思いこのブログを書こうと思いました。
25年で3度、上がっている!

後10年、いや5年でまた1、2度上がる事は予想されないのでしょうか?
「あと1、2度上がったら人類はかなり危険な状態になる!
科学者の言われるかなり危険な状態になったら、自国、自分ファーストが加速しないでしょうか?
分かち合いの精神で、地球環境も保全し大切にしていこうと思えるのでしょうか?

過去の経緯からそして今の世界情勢からはとても改善の予測はできない!

社会の仕組みを一変させることをしない限り人類に明るい未来はあるとは思えません。

大それた内容かも知れませんが、啓蒙させて頂きます。
改善策?!
このブログで書いたつもりです。(原因がわかればそれを改善すればよい)
しかしそれを声に出して言える勇気と力がある人は日本にはいないと思います。
私もとても言えません。

しかしあきらめないで私のプロジェクトをすすめます!
「もったいない文化」「トータルファッションメンテナンス文化」の創造でエコ社会に貢献します!

宜しく御願い致します。



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム