人工皮革・合成皮革について【その1・寿命】

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

人工皮革・合成皮革について【その1・寿命】

『人工皮革・合成皮革について(その1・寿命)』

日本繊維製品消費科学会が主催する上記講座に参加してきました。

場所は東京都新宿、アパレルの聖地「文化ファッション大学院大学」

アパレル業界にはこのように素晴らしく、凄い学べる場所、講習会やフォーラムを開催する場所があることが羨ましく思いました!写真横になってしまいました。すみません。(^^;)

ところで題名の人工皮革、合成皮革について!専門的に学べる機会は滅多にありません。年末の忙しい時期でしたが急遽参加してきました。

私は仕事柄、この素材を毎日扱い、毎日のように劣化事例を見ているのでどおしても勉強したかったのです。このブログでもたくさん書いてきました。

それほどファッションメンテナンスにおいてこの繊維、樹脂には謎が多く、リスクが高いのです。

たった一日ですが講師の榎本雅穂先生が6時間もの凄い早口なのにわかりやすく、丁寧に解説してくれたのでこの難しい講座をある程度理解することができ、長年の疑問や悩みを解決する事ができました。

ちなみにこの本だけでは私の頭では絶対理解できなかったと思います(^^;)

▷▷▷あっ!レッツ流天才、達人になるためのノウハウもフル活用しましたから(^_^)v

あまりにもたくさん学びましたが今回どおしても先に、早く伝えたいことがあったので「その1」として書かせて頂きます。

この人工皮革、合成皮革だけではなく多くの衣類や靴鞄、さらには家具、車や住宅関係にも至るところで【ポリウレタン樹脂】が使われています。

この組成と物性、劣化のプロセスを知らなければ人工皮革、合成皮革は語れないのです。

ポリウレタン樹脂、私は良いイメージがなかったのですが、一日で全く変わってしまいました。これなしでは現代社会が成り立たない!適材適所で上手く活用すれば問題も起こらないし、レッツのポリシー「エコノミー&エコロジー」だとわかりました。

では最初に伝えたいこと本題です!

このブログで散々書いてきましたがボンディング製品、シームレスダウンについてです。

ポリウレタン樹脂と一言でいっても多種多様あり性能、機能は異なる。

分子結合が崩れる理由(劣化)は加水分解、紫外線、熱、ガス、使用環境、状況等がある。

分子結合の基本的な耐久年数(寿命)=ポリウレタン樹脂の寿命は3~5年のものもあれば10年以上もつものもあるとのこと。

そして!ここからが大事です!

寿命は樹脂の生産時点からはじまる!

と、いうことは衣類を作るとき(製造時)、ポリウレタン樹脂を熱接着したり、加工したとき製造年月日とは異なることになります。

私は製造時に熱接着した時から始まるのか、この樹脂の製造の時か悩んでいました。なぜなら明らかに新しく製造されたばかりのはずの靴、履いていないにもかかわらず加水分解している事例を何度か見ていたからです。

品物の製造からではなく、樹脂の製造からだったのです!

と、いうことは服の製造が2年目でも樹脂の製造が10年目になっていたら

「たった2年しか経っていないのにはがれて着られなくなった!」と、いうことになります。

食品には賞味期限があるのになぜ劣化すると分かっているポリウレタン樹脂を使った衣類に耐用年数の明記がないのか?

遺憾に思っていましたがなるほど~と、思いました。

では樹脂の製造年月日を明記すればよいと思いますよね!

しかし、今回の勉強会でそんな単純なものではないことがよくわかりました。

この繊維は本革のように固定化された性能ではなく多種多様に応用でき、どんどん進化させられる凄い繊維なんだとわかりました。

と、同時に研究開発しているメーカーのトップシークレットを公開するはずがないこともよくわかりました。

樹脂の製造年はこれからも非公開だと思いますが「マーケットクレーム」がおきないようにメーカーは常に研究開発されていると伺い安心しました。

最後にポリウレタン樹脂の劣化の選定方法はレッツ講習会でご指導させて頂いています。これをクリーニング屋さんから消費者様にお伝えして頂ければと思っています。(次回のブログで書きますね(^^;))

またレッツでは「合成皮革復元ノウハウ」も今回の勉強会でさらに進化させ、自信もつける事ができました。

講師の先生曰く「合成皮革を復元することは無理です」

いや、レッツの奇策があるんですよ~(≧∇≦*)▷▷▷「合成皮革復元ノウハウ」

▷▷▷では次回もその2としてさらに驚愕の事実を書かせて頂きます。お楽しみに~(^_-)

凄い専門書!講師の先生が解説してくれなかったら私の頭では理解不能だったでしょう(^^;)

 

 



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム