リサイクルライフのススメ〔中編〕

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

リサイクルライフのススメ〔中編〕

『あなたはペットを飼いたいと思ったとき、
ペットショップに行きますか?保健所に行きますか?』

私は前回の4つの理由以外にも
物に対してもこんな感情も抱いている事に気づきました。「物に命を感じる!」これで5つになりました。

「もったいない」には「物に対する畏敬の念」が含まれている。と、おっしゃられ「もったいないMOTTINAI」を世界に普及されたケニアのノーベル平和賞受賞者故▷▷▷故ワンダリーマータイさんは本当に凄い人でした。

では今回の中編は

衣類、靴鞄のリサイクル品を見分けるコツを伝授します!


1,素材に劣化はないか?

このブログでも何度か書いている合成皮革の劣化はないか?
近年では本革か合成皮革か見分けがつきにくなっていますからその判断は難しいです。
けれど経年するとその違いは明らかになります。
本革製は硬くなって色があせてくる、合成皮革は色あせがないかわりにベトベト湿気を帯びているようになったり、ボロボロ粉がでているようになっていたり、ヒビワレてきていたら合成皮革の劣化がきている証拠です。素材ひいてはその品物の寿命がきている証拠です。触れば必ずわかります。
だから品物の表面だけでなく裏も、鞄なら中も、靴なら中敷きや側面も、スニーカーならソールも、衣類なら縁取り(パイピング)などもしっかり触って確認することがなにより大事です。
少しでも劣化を感じたら長持ちはしないので購入は控えましょう。(次回の後編は裏技をご紹介しますからお楽しみに)

2,損傷はないか?

特にシミや汚れ、退色、脱色、変色はないか?
キズやほつれ、擦り切れはないか?
セーターの虫食い穴などは少しひっぱり、伸ばしてみないとわからないものもありますから入念にチェックしましょう。
おそらくそのような品はかなり安くなったいるはずですから妥協できる範囲ならお得なお宝になるはずです!しかし、知らずに購入したら後悔することになりますよね。必ず表、裏までチェックしましょう。
裏技として虫食いなど発見したら店員さんに
「ここに虫食い穴がありますがもう少し安くなりませんか?」という交渉くらいはよいと思います。(怒られたらすみません)

3,付属品は大丈夫か?

ボタンやカギホックがなかったり、ファスナーの開閉に障害があったり、バックルなどにヒビが入っていたりしないか?
これらがなかったり、使いにくいと致命的に着られなくなる事もありますから必ずチェックしましょう。

4,流行おくれではないか?

流行なんて気にしない!と、割り切れる方は凄い!
しかし私はさすがにバブル期のダブダブのダブルのスーツは着られない。
派手な幅広のネクタイもマズい(笑)
女性も大きな肩パットが入って衿の大きなコートはちょっと・・・・などなど良品でも流行で激しくスタンダードから外れたものは後で後悔する可能性が高いと思います。やはり定番品の良品が無難でしょう。

5,サイズは合っているか?

どんなブランドスーツでも肩がダラッと下がっていたり、袖や丈が短かったりしたら・・・・
想像するだけで恐ろしくないですか?
スーツはサイジングが全てを上回りますから!
靴は合っていると思ってもしばらく履いていると痛くなってくるときがあります。
店内で少し歩いたりさせてもらいピッタリ合っているか確認しましょう。
鞄は関係ないと思われるかも知れませんがそれを持った時の自分の姿を鏡で見ましょう。違和感がないか、しっくり自分に合っているか確認しましょう。

6,着心地、履き心地はよいか?

5と同じと思われるかも知れませんが全く違います。
素材の質感や作りでこの体感は全く異なるのです。
サイズはピッタリのレザージャケット、しかし硬くて重くて動いていると疲れる。
ピッタリのセーターも伸びが悪く窮屈で着たくなくなった。靴も履いているうちに重くて疲れるなどなど。
経験はないですか?
良品でも着用した時の気分がよくないのはほとんど着なくなってしまいます。
着心地、凄く大事だと思います。特に年をとってくると(笑)

7.プレゼント品にはリサイクル品はNG!
前編で私の恥ずかしい過去をカミングアウトしてしまいましたがあるクリーニング業界の重鎮様から
「リサイクルすなわち「また」➡「又」そして女、心を足すと「怒」になる!
そんなこともわからんのか!「このバカタレが~」と、金八先生風にお叱りを頂きました。
(怒りという字はそこからきたのだろうか?昔からリサイクルショップあったのだろうか?質屋か?いや、もっと昔・・・・大人のスルーでお願い致します。)

やはり女性は虚栄心があることでお化粧をしたり、きれいな洋服を着たりオシャレにしている原動力になっているのですね!これはとてもステキで大事なことだと思います。
だから~誕生日にどんな高くて状態のよいブランドバックでもリサイクル品はNGなんですね。
フラれたくない男性はここしっかり覚えておくこと!
(経験者は語る)

はい!この7つです。
と、いうわけで画像だけのネットではこれらはわからない!やはり手にとり触り、着用、履いたりしなければ自分にあった良品か判断できない。

だからファッションアイテムはリサイクルショップが
ベストだと思います。
本来5万円以上の品が1万円以下でも普通にあるリサイクルショップ、しかしそれらには当然リスクが伴っている!
今回の見極めるコツがわかったら絶対にリサイクルライフはお得で楽しい買い物ができる。
「お宝探し」みたいなレジャー感覚で遊べるスポットになるはずです。
ぜひトライしてみてくださいね!
さらに後編では私の裏技をご披露します。
必見ですよ~お楽しみに!

▷▷▷では後編もお時間あるときにでもご覧下さい。

新品みたいなブランドバックでもプレゼント品にはNG!必ず女性はみぬきます(≧▽≦)



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム