ブーツは一年に一度は最低でも洗いましょう!

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

ブーツは一年に一度は最低でも洗いましょう!

【ブーツは定期的に洗いましょう!】

ブーツといっても様々なタイプがありますよね!

革製、合成皮革製、布製、主にこの3種です!(またはこの中でコンビ)

どれが最も汚れていると思いますか?

「布製です!」

よく見ると通気性の悪い靴下に見えませんか?

もし靴下を一ヶ月洗わなくてはいていたらどうなることでしょう?

おそらくかなり臭ってくるはずです。

そんな現象に布製ブーツはなっています。

臭いを嗅げばわかります(笑)

クリーニングが必要です!

丸洗いすれば界面活性剤パワーでその汚れがブーツから引き離され、水溶液がまっ茶色、またはドス黒いに色に変わります。

そして臭いも同時にでてきますが、除菌、消臭効果を高める洗剤でさらに洗いで濯ぎ!2~4回でやっときれいになります。

もちろん仕上げ剤で品質向上させて、また気持ちよくはいて頂ける状態になります。

これだけ汚れているものを放置しておくと健康被害にも繋がるのでは!と、思います。

見えない汚れは、気にされない?消臭剤で抑え込んでも臭いの元、汚れは消せない!

トコトン本気レベルの丸洗いが必要です。

靴下のように毎回でなくても最低10回はいたら丸洗い!30回はいたら、絶対に洗ってほしいです。

理由はもう書きません(笑)

スニーカーだけでなく、リュックサックだけでなく、最も洗ってもらいたいのは長い靴下『ブーツ』です!

▷▷▷証拠動画をご覧下さい!

▷▷▷様々な事例もご覧下さい!



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム