【宝探し検品】で衣類はまた着られる!

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

【宝探し検品】で衣類はまた着られる!

お客様から品物をお預かりするサービス業は必ずお預かり時に検品をするでしょう。
何故なら最初からあった損傷や不具合を預かっている間になったといわれるトラブルをさけるためです。
人様の大切なお品物をお預かりするのはリスクが伴うということになります!

クリーニング業やリフォーム業はお客様の大切な衣類をお預かりして洗ったり、シミヌキしたり、加工したり確実に作業をします。と、いうことはさらにリスクが高まります。
何故なら最初からあった損傷をその作業中になったのではないか?と疑われる余地が発生するからです。
消耗品である衣類、ましてや着込んで汚れている衣類に全く損傷がないなんて事の方が少ないです。
糸引き、毛玉、擦り傷、ほつれ、素材の劣化、ボタンが欠けてたり、キズや穴まであいているのも普通にあります。繰り返しますが衣類は消耗品だから当然です。
しかし本人が気づかずにいることが多くてクリーニング出して、よく見たらこのようになっていたら
「加工中になったのではないか?」と、思われるのも仕方ないのかも知れません。
私は多くのクリーニング屋さんと取引していますから毎日このような事例を見ています。
明らかにタバコの穴をクリーニングに出したら焦がされた!ズボンの股に穴があいた!裾がほつれて返ってきた!なんてありえないと思われる事例も少なくはありません。「絶対に加工行程からこのようなことはありません!」と突っ張ればよいのですが▷▷▷このような法律上そうともできないので修理して御了承を頂いてトラブルを回避しています。
しかしどおしても納得して頂けない「弁償して!」といわれる方も稀にいます。
このようになったらもはや消費者センターで解決を委ねるしかない最悪の事態です。

だから!受付時に検品が絶対に必要です!

しかしこの検品に二つの方法があるのです。

「キズや穴、ほつれがあります。ご確認下さい!このままクリーニングさせて頂きますがよいでしょうか?」(クレーム防止のための検品)

次に
「キズや穴、ほつれがあります。お直しもできますがいかがですか?」(また着て頂くための検品)
と、お客様にお伺いする方法があります。

前例が通常の受付、後例が【宝探し検品】とよんでいます。お客様の品物を宝物ように扱い、キズや穴、ほつれを直して【また着られるように】して宝物としてお返しするための検品を宝探し検品とよんでいます。
あるクリーニング屋さんは【まごころ検品】と、称していましたがそれもよいなと思いました。

お客様は【また着たい】と、思ってクリーニング屋さんに大切な衣類を持ってこられます。しかし損傷があって発見した時点で着られなくなってしまいます。
クリーニングする必要さえなくなってしまうのです。
お安く直してもらえたらまたクリーニングして着たい!と思われています。
だからクリーニング業には「衣類の低料金リペアサービス」が必要なんです!
だからレッツはずっとクリーニング業にこの講習会をさせて頂いています。まだまだ業界に1割くらいしか普及してはいませんから「レッツリフォームアカデミー~リフォマー要請養成講座」まで開設しました。

「まだまだ着られますよ!もったいないではありませんか!またお直しして着て下さい!」と、言えるためには相当な自信がなくては言えません。だからがんばってお客様の為にも学んでもらいたいです。

さらに家庭でいろいろなお直しをできる人もほとんどいない時代です。ほつれただけで捨ててしまっている人もたくさんいるでしょう。
クリーニング屋さんがいろいろなお直しをお安くしてくれたら有難いと思います。
エコ社会的にも絶対に必要なサービスです。
クリーニング店でのさらなる普及と同時に社会的な認知により、多くの人達が大切な衣類をむやみに捨てないでより長く着て頂ける文化を築いていきたいと思います!
▷▷▷レッツリフォームアカデミー~リフォマー要請講座
▷▷▷様々な事例もご覧下さい。

レッツリフォームアカデミー~リフォマー要請講座

レッツリフォームアカデミー~リフォマー要請講座



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム