「ダウンに針を刺したらダウン出てきませんか?」

レッツリフォーム
浜松の洋服直しレッツリフォームヘッダミシンイメージ
木フレーム

「ダウンに針を刺したらダウン出てきませんか?」

【ダウンに針を刺したらダウンそこから出てきませんか?】

前回のシームレスダウンをシームインダウンにリフォーム!を投稿したら数名の方からご質問を致しました。

このご質問をされる度に思い出される二つの記憶があります。

20年くらい前、大手CL会社でリフォーム講演依頼がありました。

私の講習の前にその会社の部長さんが司会をされそのお話の中で

「ダウンは針を刺したらダウンが出てくるから絶対ダメだ!直せない!」と、自信満々で話されていました。

私はその講習会でダウンリペアをやれなくなってしまいました。今でもその時の事を思い出し悔んでいます。

今なら上手く話してダウンリペアを指導できますがその頃は若かった😥

ダウンにホチキスは絶対ダメです!

しかし細い針、糸ならダウンは出てきません!ダウンパックのあるものは絶対にその針の穴からダウンが出てくる事はありません!

ダウンパックがないものは少し出てくる事がありますがその後裏から引き戻してあげればまたそこからダウンが出てくる事はまずありません。

それはダウンの形状を見たらわかるはずです!

だいいち、ダウンパックってミシンで縫製されていますよね!

そこからダウン出てこないでしょう(笑)

なぜこのような都市伝説が生まれ、みんな信じてしまったのでしょうか?

今ではそんな質問きたら

「自分で針刺しで試してみたら〜」と言っています(笑)

 

もう一つの思い出!

あるクリーニング屋さんで受付さんがダウンに安全ピンを刺してしまいお客様にそれを見られ、お客様が激怒していたのを見ました!

たしかに安全ピンはダウンに直接しないほうがよい(針が太いから)しかし、そこからダウンが出てはきていませんでした。

しかし、お客様はダウンに針を刺したらダメになると信じ込んでいたので謝っても許してもらえず、結局、弁償になってしまいました。

その受付さんはショックで辞めてしまったと後で聞きました。

悲しい事件でした。

このダウン製品の話だけでなくアパレル製品にはなぜか不思議な都市伝説がたくさんあります。

またの機会に少しづつ書かせて頂きます。

不都合な真実はどの業界にもあるとは思いますが正直に明らかにしていく努力が必要な時代になってきたと思います。

ダウン製品も縫製して直す事ができますからあきらめないでご相談ください。

 

シームレスダウンがシームインダウンになり復活しました✨

 

 



洋服の寸法直し、靴、鞄のお直し、クリーニング、ファスナー修理は浜松市のレッツリフォームへお気軽にご相談ください


静岡県浜松市中区曳馬5-16-2
(洋服靴鞄リフォームセンター)
電話:053(475)8818
FAX:053(475)8246


メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受け付けております。
お気軽にご連絡ください。


木フレーム