木フレーム

レザー(革)の破れ修理

レザーの破れ修理もできます!


>>革の破れ事例写真一覧はこちらから


レザー(革製品)は直らない、直せても高額にとなると思われている方も多いのではないでしょうか?そんなことはありません。また最近では合成皮革も大変多くなってきました。この違いは後日、詳しく説明致します。

レザーは穴になることはまれです。ほとんど破れが多いでしょう。特殊な手縫い方法「八の字まつり」(レッツリフォーム命名)で細い糸で細かくまつり、裏から薄いレザーまたは布で補強します。珍しいケースとして穴が空いてしまった。革が部分的にボロボロになってしまった、などの時は裏から似たような革をあてたり、時には表から隠してしまうように革を縫いつけたりします。合成皮革も同じようなやり方です。

様々な事例をご覧下さい!意外と目立たなく直るでしょう。厚く硬いレザージャケットも薄くやわらかいムーンブーツもなんでも直ります。加工料金は一ヶ所1000円位からお安く直ります。

あきらめないで低料金リペアサービスであなたの大切なレザー製品が蘇ります。また愛着して下さい!

レザー(革)の破れ修理ビフォー

レザー(革)の破れ修理アフター

木フレーム