木フレーム

ルイヴィトンのバック

世界の一流ブランド、ルイヴィトンの売上の半分以上は日本人の購入なんですね!

派手すぎず、ハイクオリティなデザイン、そしてみんな知ってる(^-^;安心感!

意外と勘違いされている方もいらっしゃるのですが本体は大体は塩化ビニル、しかし信じられないくらいの耐久性がありメンテナンスも汚れがつきにくく、しかも落としやすい。

写真の事例はルイヴィトンの代表格のモノグラム、ほとんどの人が見たことあるのではないでしょうか?リサイクル市場でも最も多く扱われている不動の定番人気ブランドバックでしょう!

先程、申しましたように本体は丈夫な塩化ビニル、しかし取手(ハンドル)はぬめ革!

革好き、マニアの方はご存じだと思いますがぬめ革は使い込むことで飴色に変化し味が出て、エイジング(経年変化)を楽しむことができる素材です。魅力的でオシャレですね!

しかし長年経つと飴色が黒ずみ、汚れたように見えてきてしまう、またぬめ革は水や油、汚れもつきやすくとれにくい。デリケートな革です。

家庭でなんとかきれいにしようと洗ってカチカチ、ひび割れになってしまった事例を何度か見ました。依頼されなんとか復元できないものかとチャレンジしましたができませんでした。おそらくどこもできないと思います。(できるところあったら教えてください)

と、いうことで汚れたりシミになったらお早めにお問い合わせください。長年経ったシミや汚れはとりきれない場合も多々ありますがかなりきれいにはなると思います。それ以前に正しいメンテナンスしないとぬめ革は経年変化ではなく経年劣化してせっかくのブランドバックが台無しになります。これはもちろん全てにいえることですがお早めに定期的のメンテナンスが鞄の寿命をながくし、コンディションよく気持ちよく使えます。

最後にルイヴィトンに限らず当店はコンプライアンスを徹底しているためブランドバックのデザイン性を重視して損なわず、できる限りきれいにします。

ルイヴィトンのバック、各種のブランド品、メンテナンス、クリーニングはあきらめないで当店にご相談ください。

>>様々な事例をご覧下さい。

ルイヴィトン

長年、使用され取手が黒ずんでしまいました!

20170116_122233

特殊な丸洗い&メンテナンスでかなりきれいになりました!

ぬめ革のところが細かい擦り傷や色あせがあり、見た目が残念な状態になっています!

特殊なメンテナンスで細かい擦り傷や色あせは目立たなくなり、ぬめ革が生き返りました!

なんと!ぬめ革の紐がカサカサで切れてしまいました。

紐の取り付け修理して、ぬめ革に特殊メンテナンスでカサカサは直りぬめ革は生き返りました! 本体も特殊なメンテナンスで艶と質感もよくなりました。本当に凄いメンテナンスです(笑)

 

木フレーム