木フレーム

ファッションとは?

アパレル、すなわち衣類の製造業はどんどん作ってどんどん売らなくては産業が維持できません。しかしそんなにすぐに売ったものが傷んだり劣化したらクレームになってしまいます。
ではどんどん売るために必要となるものはなんでしょうか?
流行すなわち「ファッション」ですね!
これに敏感な方々はファッション情報を入手して毎年、今年はこの色、このデザイン、このブランド、などなど、
こだわりが生まれます。
そのこだわりは自分が作ったものですか?どこかの誰かが儲けるために作ったものですか?
野暮なことを聞いてすみません。
「ファッションは平和なゆとりある社会の象徴で幸せ感を得るためのもの」
とのことですが。
今は平和でゆとりある社会ですか?
世界では紛争やテロが毎日のように起こっています。日本でも痛ましい事件がない日はありません。環境破壊、温暖化は深刻です。
幸せ感とは衣類で満たすものですか?
本当に幸せだと思っている人が物欲の権化になるのでしょうか?
さらにそのファッションのサイクルを早くするためファストファッションとは社会、消費者のためなのでしょうか?
アパレル産業の90%以上が海外生産とはこれで国内が豊かになるのでしょうか?
なぜ海外なのか、海外の生産現場が見えないのはなぜでしょうか?何で作られ、販売、廃棄後はどおなるのでしょうか?巨大な環境破壊、汚染になっているようなことはないでしょうか?
そもそも本当のオシャレとはファッショナブルのことを意味するのでしょうか?
疑問はつきませんが....
けして批判しているわけではありません。時代に合わせて改善してもらいたい!なぜなら私たちはアパレル産業あってのメンテナンス業界だからです。
アパレル産業様にがんばってもらいたい!しかし今までのやり方ではもうダメだと思います。地球はキャパオーバーです。人類も格差が激しさを増し平和を維持することが困難です。
業界の方向転換が必要だと思います。
もちろん大手術になるでしょう。
ムリだ!できない!=人類の危機
安心して下さい。ここまで言うのには私には提案したい策があるからです!
次回はアパレル産業とメンテナンス業界の相関関係を公開します!
私の策をアパレル業界に聞いてもらえるまで問題提起していくつもりです。
私の策はアパレル業界新聞(繊研新聞)に公開していきたいと思っております。
アパレル業界に貢献します!
どうぞ宜しくお願い致します。

image

image

木フレーム