木フレーム

キズ、破れ、すりきれの修理

キズ、破れ、擦り切れの修理もお気軽にご相談ください!


>>やぶれの修理事例一覧はこちらから


今回は穴ではなく破れ、キズの修理の説明をします。縦横に長い破れはカケツギでは高額になりすぎてお勧めできません。

「縫い込み」と、いう技術で直します。縫い込んだら布地がよれてシワになりませんか?と、思われた方はなかなか繊維のことがお分かりですね!(笑)

はい!ギリギリでもキズや破れを縫い込んだら布地はよれます。そのよれやシワをアイロンで地直しします。(このやり方はノウハウです)そして伸ばしてから強力接着でキッチリ固定して完成です。力のかかるところはこの上からミシン修理をするときもあります。

衣類の地の目は縦なので縦の破れは目立たなくなります。しかし横の破れはしっかり目立ちます。「線が入った仕上がりになります」しかし意外と目立たないと思います。(感覚に個人差あり)気になる料金ですがかなり大きな写真の上衣の破れも2千円位で直ります。通常は一ヶ所1000円位からお安く直ります。

大きな破れやキズができたらあきらめがちですがそんなときこのブログを思い出して頂けたらと、思います。

低料金リペアサービスであなたの大切な衣類が蘇ります!また愛着ていただきたいと思います。

キズ、破れ、すりきれの修理ビフォー

キズ、破れ、すりきれの修理アフター

木フレーム