木フレーム

たかがほつれ?されどほつれ!やってます!

「​たかがほつれ直し!」
そんなのできるよ!という人は昨今、少なくなってきました。

一昔まえは家庭の主婦がされていたボタンつけや様々なほつれ(あとで解説します)今ではできる人も少なくなり、主婦もパートで働いたり忙しく、仮にできてもめんどくさい、あたらしいの買えばいい。など、使い捨ての時代になってしまいました。

たかがほつれ!と、思われますが手間ときれいに直すためには技術も必要です。

当店ではもちろんあらゆるほつれを低料金で行っています!

私はクリーニング業界にも洗う前に点検してほつれがあったら有料でお直ししましょう!と、提案しそのための技術指導も講習会で行っています。中には「ほつれでお金はもらえないな」なんてご意見も多いです。クリーニング出してくれたから無料でされる、お客様はありがたいですね!しかし家庭で洗っているものは?ボタンが3つもとれていても無料?スカートの裾が全部ほつれていたら?ここに様々な矛盾があり、お客様も遠慮なく依頼できない状態のところがまだほとんどです。

「されどほつれ!」

ボタンがとれたらその衣類は着られません。裾がほつれてきた!糸引ができた!ズボンの股がほつれた!カギホックやスナップがほつれた!ニットがほつれてきた!など

たかがほつれでも着られなくなるのです。家庭で洗っている多くの衣類もクリーニング屋さんで安心して遠慮なくお安く依頼できたらよいと思いませんか?

「あらゆるほつれおまかせ下さい!」

もちろん当店ではあらゆるほつれをプロの技術でお安くお直ししています。お客様にも大変喜ばれています。

そして全国のクリーニング屋さんで「ほつれ直し」をメニュー化してもらい使い捨ての時代にうれしいサービスを提供してもらいたいと思います。なぜなら全ての衣類は消耗品だから!衣類は作りすぎて大環境破壊をひきおこしています。(このブログを読んで下さっている方はご存じですよね)

お気に入りの良品をできるだけながく大切に着たいというお客様のご要望にお応えしていかなければと思います。ファッションエコロジーはこれからのスタンダードです!​

ほつれ修理チラシ

スラックスほつれ修理ビフォー

スラックスほつれ修理アフター

木フレーム